前へ
次へ

多数決によって決定される事になる法律

法律には、必ず賛同の数が関わってきます。
多くの賛同を得ない事には、法律も定められない訳です。
分かりやすい例は、国会などでの審議です。
テレビを見ていますと、たまに国会での議論が流れている事があります。
何らかの法律を定めるかどうかを、国会で審議される訳です。
基本的には、10数時間以上に渡って議論が行われます。
複雑な法律の場合は、さらに長時間に渡る事もあります。
それで最終的には、各党による投票が行われる訳です。
基本的には数の原則で定められる事になり、多数決が前提になります。
国会での真偽の場合、半数以上の賛成があるかどうかが、基準になるでしょう。
3分の2以上の賛成があれば、ほぼ確実に法律は定められるのです。
逆にその半数や3分の2に達していなければ、廃案になる事もあります。
つまり大多数の賛同がなければ、法律も定められない訳です。
日常生活にも大きく関わってくる法律は、意見の一致によって定められる事は、ほぼ間違いありません。

Page Top