前へ
次へ

相談をしても断る法律事務所もあります

トラブルに巻き込まれた際に弁護士に相談をするため、法律事務所に足を運び、話を聞いてもらってもその案件を引き受けないという場合があります。
相談料だけを取って、引き受けないというのは主に報酬のことがあります。
慰謝料請求をする場合、取ることが出来る金額よりも弁護士報酬のほうが高い場合には、訴訟を起こさないことを薦められることが多いです。
間違ったことをしているからこそ、訴訟を起こすわけですが、弁護士報酬があまりにも高く設定されていると、その仕事そのものに魅力を感じないという弁護士が多いです。
どんな仕事でも選ばずに引き受けるという弁護士はいません。
お金のことを第一に考えるという仕事なので、困っている人がいても手を差し伸べるようなことはしません。
フィクションの世界では弱者の味方として描かれることが多いですが、実はその反対と言うことが多いです。
困っている人がいてもお金がない人は切り捨てるという場合が多いです。

Page Top